最新のコメント
コメント総数:37件
[最新]
2012/11/06
新郎さんの愛情ウェディングドレス
アンサンブル




フランスでの挙式は勿論フランス語で執り行われます。でも、日本人の介添え人が、ちゃんと通訳してくれるので、安心です。



まず、教会に到着すると、神父さんのお話があります。そして、どのように式が進むかも、とても丁寧に説明してくれます。



日本とは違って、少しキリスト教的なお話もあるのですが、ここは教会なので当然ですね。



挙式だからといって、特に貸切になるわけではないので、途中に信者さんが入ってくることもあります。教会での挙式は、誰が祝っても、参列してもいいのです。



今回は、日本のウェディングプランナーがフランスに来ていて、参列させてもらうことになりました。新郎新婦さんも歓迎してくれて、ヘアメイクさんまで車に乗り込んで、スタッフ5名で参列です(笑)。



デザイナーだったという新郎さんの手造りのウェディングドレスがとっても素敵です。ご本人も何気にお気に入りの蝶ネクタイだったり、とってもお洒落。シックでエレガントなお二人の式に参列し、私たちも幸せを分けていただきました。


2012/11/06
バースデー・ウェディング
アンサンブル




挙式日は、新婦さんのお誕生日というご希望通り、バースデー・ウェディングとなりました。



セーヌ川沿いにあるアメリカンチャーチ。



ティファニーのステンドグラスと一緒にお二人も輝いていました。



ブーケに使った白い大きなバラは、カリスマフローリスト、エリック・ショウヴァンのブティックで手に入れたローズです。



新郎さんの職業は、フランスの子供たちが一番憧れる消防士さんです。きりっとしてかっこいいですね。


2012/11/06
青空のエッフェル塔
アンサンブル




教会挙式のビデオカメラ撮影を希望され、手配などしている内に、かなりデータに詳しいのにびっくりしたけど、こんなに可愛い新婦さんでした。



チャーターした専用車に乗り込んで、エッフェル塔へGO!!



すっきり晴れたエッフェル塔の空だし、撮影しないと、もったいない。



I love Paris!! とカメラマンの声(笑)。



「どんな希望もワガママも「いいですよ〜」と快く応えてくださったところはアンサンブルさんだけでした。」と帰国後、花嫁さんから手紙が届いたと日本のスタッフが喜んでいました。


2012/07/09
夏の激戦ブーケトス!!
アンサンブル




新婦さんの持つ真っ白なウェディングブーケ。



ブーケトスでこのブーケを受け取った女性が次に結婚するという伝えを信じ、セレモニーに参列した女性達がブーケを狙ってスタンバイ。



いざ、ブーケが放たれると、必死の形相でドレスアップしている全員が形振り構わず(笑)!?



ゲットしたのは、ブルーのドレスを着た女性の様子です。



「もしもし、私、ウェディングブーケ、勝ち取ったわよ〜!!」と、早速携帯で伝えている相手は、誰なのか想像するもの面白いですね。


2012/04/05
フランス式ウェディングパーティーのフルコース
アンサンブル




フランスでのウェディングパーティーでは、勿論、フレンチのフルコース。フォアグラの登場率はやはり高いですね。



お魚と貝柱のホワイトソース。



お口直しのシャーベット。



メインのお肉料理も必ずボリュームたっぷり。



おめでたい披露宴の席だから、ダイエットも忘れ、皆デザートまでしっかりといただきます。会場がどんなに質素な場所であっても、この日ばかりは大変身。運ばれてくるお料理は贅沢三昧。



そして、フランスのウェディングに欠かせないのがこのドラジェ!!招待客は、ちゃんとお土産に持って帰ります。


2011/12/26
パリ13区のウェディング・セレモニー
アンサンブル




パリ13区にあるイタリア広場の区役所で行われた日仏カップルのウェディング・セレモニー。



この日は土曜日ということもあり、20組以上のカップルの結婚式が行われました。勿論、フランスの事なので、時間通りにはいかず、結局、どんどんと時間がズレていきます・・・。



実は、区役所でのこのウェディング・セレモニーが入籍の手続きなのです。フランスではウェディングドレスを着て、親族や友人の立会いの下、区長がセレモニーを執り行ないます。日本では事務的に行われている入籍ですが、フランスでの入籍事情は日本とかなり違いますね。


2011/10/15
過去と未来の思い出ウェディング
アンサンブル




アメリカンチャーチで挙式の後、ご家族と一緒にパリ市内フォトツアーへ。



ウェディングドレスは新婦のお母様から譲られた思い出深いドレスという、ヨーロッパの親子のようなストーリーがあってとても素敵でした。



挙式当日の朝、フラワーショップにブーケを一人で買いに行った新郎さん、頑張りました!!



一所懸命、フローリストに伝えたのでしょうね、オーダーした時の話がとても微笑ましく思われました。



この時のブーケも、これから語られる思い出の一つになるのですね。


2011/08/16
素敵なレストランウェディング
アンサンブル




素敵な英国紳士と大和撫子の国際カップルのレストラン・ウェディング。



会場は、シャンゼリゼ通り近くのミシュラン2つ星のレストラン・アピシウス。



海外から来られた招待客も美味しい料理を味わいながら、新婚カップルと楽しい時間を共有され、きっと満足されたことでしょう。



会場も素敵でしたが、お二人のおもてなしに感動した、今回のレストランウェディングでした。



2次会でのディナークルーズでジャズの音楽に乗って、踊られた新郎新婦の姿、きっと忘れる事ができません。


2011/06/05
フランス人カップルのプロポーズ
アンサンブル




モデルではないのに、とてもスマートなカップル。



フランス人はムードを作るのが、とても上手だといつもいつも思うのですが、ナチュラルでいて、絵になるというのは羨ましいものです。



一緒に住んでいても、子供がいても結婚しないカップルも多い国なのですが、このお二人も2歳の子供を育てながらも、まだ結婚をしていなかったのです。



だけどやっぱり「ウェディングドレスを着たい」という新婦クレールさんの夢を叶える為、新郎さん、決心しました!!



親戚の前で、「こんなに素敵な女性に会えて、幸せに思う。結婚して欲しい。」と永遠の愛を誓ったそうです。


2011/06/05
ノルマンディーのガーデンパーティー
アンサンブル




ノルマンディーの小さな村での結婚式。



2010年の春、新郎新婦、幸せそうに、それぞれの子供達に祝福され、役場で入籍(セレモニー)をされました。



入籍後、自宅の素敵なお庭では、アペリティフをしながら、写真撮影。広いジャルダンにテントが張られ、ケータリングのお料理に手を伸ばしながら、シャンパンで乾杯〜。



とても素朴で自然で、こんな結婚式も素敵ですね。



先日、そのカップルから、3800gの女の子の赤ちゃんを出産したとハッピーな報告があり、私達も幸せな気分になりました。


カテゴリ

最近のコメント

履歴

▲ページトップ